2020/6/8【無料・オンライン】\ローカルトーク #3 山梨県 北杜市白州編/ 地元愛からはじまる小さな挑戦 〜離れて気づいた地域への想いと、ムラサキ人材の可能性〜

はじめまして、はじまり商店街のくまがいです。僕は株式会社はじまり商店街という会社を経営しながら、場所にとらわれない場づくりを目指して、ヒトと繋がり続けている30代後半に突入したオジサンです。

今回お届けするのは「ローカルトーク#3」です。

自分の暮らしを問われる時代において、居場所、つながり、自己実現、心理的安全性など、ヒトそれぞれに合うは地域との関わり方があります。暮らしと働くの境界線が無くなった時に、都心部に住む必要はなくなってきます。

手の届く範囲の暮らしの解像度を上げていくために、地域で精力的に活動しているゲストをお招きし、彼ら彼女たちの話を聞きながら地域の生きていくための暮らしのヒントを探求していきます。

今回のイベントでは、東京と山梨の里帰り二拠点生活をしながら「地元への想い」をカタチにすべく挑戦している「つじ まりな」さんをお招きいたします。本業で地域×複業を推進する事業を行いながら、ライフワークとして地域住民の交流を目的とした「ちょい呑み屋」や地元・白州の未来を考える「白州2050」などを開催しています。

当日は、地元への強い想いを抱いたキッカケや、想いをカタチにするために心がけていること、実際に動いたからこそ見えてきた気づきや、これからどのような地域の未来を創造し、関わっていこうとしているのか聞いていきます。

実践者だからこそ見えてくる「地域での暮らし、そこで生きるコト」を学ばせていただきながら、共有することで参加者にとっての仕事や暮らしを豊かにするヒントが隠されているかもしれません。

地域の人や食を感じながら、今回のイベントをキッカケに”あなた”の人生の課題解決のヒントが見つかればと幸いです。皆様のご参加を心よりお待ちしております!

◎ちょい呑み屋とは?

仕事終わりに外で軽く飲める場所が欲しい、ふらっと寄ったら誰かに出会える場所が欲しい、自然と交流が生まれる場所が欲しい、だけど静かな夜は残したい。そんな想いに寄り添う、たまにしかOPENしないお店『気まぐれちょい呑み屋』。

2018年に開催された「甲州街道エリアのこれからの地域の在り方を考える」の中で挙げられた「遊休スペースを活用したナイトタイムエコノミー」というアイディアを実現すべく、2019年4月より地元の空きスペースやお寺を活用して気まぐれに開催中。
そこから派生して、地域住民が集まり呑みながら「2050年の白州がどんな町であってほしいか」を考える「白州2050」やお寺を活用した「みんなのテラコヤ」なども開催。

◎こんなヒトに来て欲しい

・地域との関わり方に興味がある
・地域づくりに興味がある
・二拠点生活に興味がある
・北杜市について知りたい
・個人で活動するためのモチベーションが知りたい

◎イベント概要

【日程】2020年 6月8日(月)
【時 間】配信URLを送ります:19:45〜 開始:20:00〜 終了予定:21:30
【参加費】無料(動画ライブチケット)
※遠方からもご参加可能、LIVE動画視聴あります
※遠方で会場に行けない、イベントに参加したくてもできないお客様のご要望に答えるべく「ライブ動画視聴」環境をご準備させて頂きました。インターネット接続環境があるパソコン・スマートフォンにて日本全国・世界中から視聴が可能です。動画配信は容量が大きいため回線速度の早いwifi・LAN環境での視聴をオススメ致します。peatixよりLIVE動画視聴のお申込みを頂きますと、イベント開始時間の15分前に、動画視聴用のURLをメッセージにてお知らせさせて頂きます。
【申込方法】https://peatix.com/event/1502503/view
     *peatixチケットサイトが受付窓口*
【主催】株式会社はじまり商店街

◎スケジュール

19:45 オンラインのURLを送らせて頂きます。(事前にも送付します)
20:00 スタート、テーマ説明(ファシリテーターより)
20:10 1部「つじ まりな」さんより地域活動のお話
20:30 2部 パネルディスカッション(テーマに沿ってフリーディスッカッション)
20:50 みんなでディスカッション(テーマは当日発表)
21:10 質疑応答
21:30 終了

◎ゲスト

つじ まりな
Yamanashi LOOPS 代表
<プロフィール>
山梨県北杜市白州町出身。大学進学に伴い上京し、新卒で福利厚生アウトソーシング企業に入社。営業・webディレクター・新規事業開発など幅広い業務に従事した後、2019年3月末で退職。母校の統廃合やお祭りの縮小・廃止など地元の変化に寂しさを抱くようになり、「何かできないか」と思い立ち、2019年4月から東京と山梨の里帰り二拠点生活を開始。現在は、株式会社トレジャーフットにて地場産業特化型の顧問・複業人材マッチングサービス「Going・Going・Local」の運営をしながら、ライフワークとしてコミュニティビルダーや地元・白州町の未来を考える『白州2050』など様々な切り口で挑戦中。2020年より屋号:Yamanashi LOOPSで活動。

▼Going Going Local
https://going-going-local.com/
▼記事:私は、ムラサキ。
http://tenro-in.com/mediagp/87571

▼Yamanashi LOOPS とは?
首都圏在住の山梨出身者や山梨好きな人が「ゆる〜くつながる」ことを目的に、2017〜2018年は都内の郷土料理が楽しめる居酒屋を巡ったり、オリジナル山梨ツアーを企画したり、ほうとうづくりや味噌麹づくりなどワークショップを開催。2019年は発起人の働き方・暮らし方が激変したことで、Yamanashi LOOPSとしての活動を休止。2020年、再び東京と山梨の二拠点で活動を再開。

◎ファシリテーター

くまがい けんすけ
はじまり商店街 共同代表
<プロフィール>
神奈川県横浜市出身
2013年 商社で6年間勤務を退社し、自転車で日本一周を実行。その後、アラスカ→カナダ→アメリカ西海岸→メキシコ 12,000km を11ヶ月かけて自転車で走破。 モバイルでエクストリームな小さな暮らしを送りながら「旅x仕事」を実践する。帰国後はYADOKARI株式会社代表と共にBETTARA STAND 日本橋プロジェクトに参画。現在は株式会社はじまり商店街の代表として「はじまりを、はじめる」をコンセプトに、誰もが持っている志をカタチにし、小さな一歩を踏み出せる「はじまりの場」を創造する。

◎はじまり商店街とは?

株式会社はじまり商店街
場所に捉われずに、個人/組織課題を共有する場をデザインするコミュニティビルディングカンパニー「はじまり商店街」。暮らし方・働き方・コミュニティを中心にライフスタイルに関わる企画プロデュース、遊休地の有効利用、まちづくり支援、イベント・ワークショップ、などを主に手がける。

▼はじまり商店街 公式ホームページ
https://hajimari.life/
▼はじまり商店街facebookページ
https://www.facebook.com/hajimari.shoutengai/
▼はじまり商店街ツイッターページ
https://twitter.com/hajimari_stg
▼はじまり商店街インスタグラムページ
https://www.instagram.com/hajimari_shotengai/
▼はじまり商店街noteページ
https://note.mu/hajimari0801

この記事を書いた人