2019/3/27 多拠点居住サービス大解剖!! 〜旅するように暮らす、新しい生活の面白さとは??〜

「多拠点で暮らす」が普通になっていく。

「多拠点居住」や「多拠点生活」という言葉を耳にする機会は最近、急激に増えました。

リクルートホールディングスの「2019年のトレンド予測 住まい領域」は、

「デュアラー」という言葉。

DUAL(デュアル)とは、「二重の」「二通りの」という意味。

都市と田舎の2つの暮らし方を同時に実現していくデュアラーはこれからますます普通になっていき、それは私たちの暮らし方を大きく変えるかもしれません。

実際に、インターネットが普及した今、暮らし方は大きく変わろうとしています。

都市での生活に窮屈さを感じている人、

週末は田舎ではゆっくり暮らしたい人、

インターネットなど技術の発達により、場所を問わず「旅するように働き、暮らす」ことが可能になり、それは今後人々の暮らし方を大きく変えていきます。

◎今話題の「多拠点サービス」って?

インターネットでIT業界が盛り上がっていくと同時に、それに伴って「住まい」の業界も代わりつつあります。

今、住まい業界でアツいのは

「多拠点サービス」

いくつかの拠点を持つことができるサブスクリプションです。

最近は、複数の多拠点サービスがローンチされ、目を話せない状況となっています。

Hostel Life, ADDress, HafH, etc…

しかし、各サービスの違いについてはまだ詳しく知られておらず、今も各サービスは変わり続け、追いついていくのが大変。

今回は、

そんな住まい方の転換期とも言われる今の

注目すべきいくつかの「多拠点サービス」の特徴や違いをわかりやすく解説し、多拠点生活経験者と共に、暮らしの未来についてみなさんと考えたいと思います。

◎柴田大輔からのメッセージ
皆さん、こんにちは。はじまり商店街の柴田大輔です。
多拠点移動型の賑わいづくり会社のはじまり商店街を僕たちはやっています。イベント当日は普段の多拠点型の移動型の賑わいづくりや僕自身が2拠点生活をした時の暮らしなどもお話しできればと思います。
皆さんにお会いできることを楽しみにしております。

◎大塚誠也からのメッセージ

はじめまして!Tinysコミュニティビルダーの大塚誠也です!

先日、もうすぐ大学を卒業するということで、ひょんなことから家を出ることになり、月2万円のホステルパスを使って暮らしています。ホステルパスとは、それに加盟している日本全国のゲストハウスやホステルに泊まり放題になるという夢のようなサービス。そんな多拠点サービスを複数比較してみたり、多拠点生活のリアルをお伝えできればと考えております!当日、お会いできることを楽しみにしています!

◎こんなヒトに来て欲しい

・「旅するように暮らす」に興味がある人

・多拠点サービスって何?という人

・各多拠点サービスの違いについて知りたい人

・2拠点生活/多拠点生活に興味がある人

・これからの「暮らし」に興味がある人

◎概要
日時   2019年3月27日(水) 19:30~22:00

定員   30名(*定員に限りがございますので、お早めにお申し込み願います)

参加費  1500円(ワンドリンク付き)

申込方法 :https://peatix.com/event/610799
*チケットサイトpeatixにてご注文願います

開催場所 Tinys Yokohama Hinodecho

〒231-0066
神奈川県横浜市中区日ノ出町2丁目166先
http://tinys.life/yokohama/

◎今回のゲスト

柴田 大輔 氏 株式会社はじまり商店街 共同代表

プロフィール

1988年生まれ。

秋田県秋田市出身 幼少の頃から、家族・学校・社会のコミュニティに疑問を抱く。

鎌倉を拠点にシェアハウスやゲストハウスの運営していた。

他にもカフェ・バル・家具屋に関わりながら、街のコミュニティづくりを。

2017年4月BETTARA STAND日本橋のコミュニティービルダーになり、映画上映・まちづくり・地域と連携した飲食のイベントなど年間200本以上の運営・企画を行う。

2018年5月Tinys Yokohama Hinodecho のコミュニティビルダーとなり、多様なイベントの企画・運営を行う。

2018年10月から鎌倉のHOUSE YUIGAHAMAでも「コミュニティビルド」をテーマにLABメンバーで研究中。

大塚 誠也 Tinys コミュニティビルダー

1995年生まれ。神奈川県川崎市出身。

駒澤大学グローバルメディアスタディーズ学部に在学中。日本からアフリカの人類発祥の地まで「人類起源の旅」をする。キリマンジャロ山登頂。自然や異文化、何かをつくることが好き。旅をしたのち、人間が現代で楽しく生きるためには「冒険」と「創造」が必要不可欠なのでは、という考えに行き着き、現在は「冒険と創造のきっかけ作りの場」としてゲストハウスをつくるために活動中。現在、実家を出ることになり現在は、ホステルパスを使った多拠点生活を実践中。

この記事を書いた人