2019/4/5 【イベント4月5日(金)】ブラウンズフィールドに学ぶ 心地よい暮らしのヒント ~僕たち若者世代の豊かさについて~

皆さんは心地よい暮らしと言われてどんな暮らしを思い浮かべますか?

モノからコトの時代と言われる現代。お金だけではない様々な豊かさ・価値観が生まれています。

自分にとっての豊かさとはいったい何なのか。
そんな事を考える時、訪れたい場所があります。

東京から約一時間、千葉県いすみ市にある「ブラウンズフィールド」
自然素材の古民家や田んぼ、畑が広がる田園風景に、鳥のさえずりや虫の声、手仕事の音。ご飯の炊ける良い匂い。季節に沿った景色が広がる、何処か懐かしいふる里のような場所。
そこには、昔の暮らしをヒントに自然とつながった生活を営むコミュニティがあります。

今回は、そんなエコビレッジ、ブラウンズフィールドから、「サステナブル」な生活の実践者であり、ブラウンズフィールドの創設者中島デコさんのご子息。若くして世界を旅して様々な暮らし方を見てきた経験を持つ”ミントブラウン”君をお呼びして、「ブラウンズフィールドの暮らし方」についてご紹介いただきながら、これからの若者世代にとっての豊かさについてお話しいただければと思います。

雨水の再利用やごみがほとんど出ない仕組み、味噌や醤油と言った発酵調味料まで原材料から自給自足してしまう生活の話や、世界を回った上でブラウンズフィールドでの暮らしをどう感じているのか。都市生活はどのように見えているのか。など、なかなか聞く事の出来ない話が盛りだくさんです!

よろしければ、参加者の皆さんにも感じた事や疑問を気軽にお話していただき、
これからの豊かな暮らしのアイデアを皆で見つけていきましょう。

きっと、新しい考え方や、発想、仲間に出会える素敵な一日になると思います。

当日はブラウンズフィールドや近隣の農家さんの畑で採れた食材を中心に作られた「お菓子」などもご用意いただきます。 
是非その場で味わってみたり、お土産にしてみてくださいね。

沢山の皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

◎こんな人に来て欲しい!
・環境に興味がある人
・豊かな暮らしに興味がある人
・持続可能性やサステナビリティに興味がある人
・エコビレッジに興味がある人
・自然が好きな人
・最近少し疲れている若者
・ブラウンズフィールドをまだ知らない人
・ブラウンズフィールドが好きな人
・豊かな食に興味がある人
などなど

【タイムスケジュール】
19:00 – 受付開始
19:30 – 21:00 イベント
21:30 – 22:00 交流会

【イベント概要】
・日時:2019年4月5日(金)19:30-22:00
・会場:Tinys Yokohama Hinodecho
・定員20名
・申込方法:http://ptix.at/pDlVp0
・アクセス:231-0066 神奈川県横浜市中区日ノ出町2-166先(日ノ出スタジオ横)
・会費:1500円(1ドリンク付き)
・主催:Tinys Yokohama Hinodecho

ゲスト ミント・ブラウン
21歳。ブラウンズフィールドメンバー。UNCSA(University of North Carolina School of the Art)を卒業後、世界を見るべくヨーロッパを一年放浪。今は実家であるブラウンズフィールドに戻り母親である中島デコとブラウンズフィールドに集まった仲間達と共にサステナブルな生活を送っている。

ファシリテーター カンタ
1995年生まれ。神奈川県横浜市出身。
2019年3月よりTinys Yokohama Hinodechoにジョイン。
飲食部門を担当しつつ、チーフコミュニティビルダーとして活動中。
「食の解像度を上げ、生命を輝かせる」をテーマに様々な角度から食の世界をさすらい中。
情熱と愛と編集力を持って、コミュニティの幹事を担える立場を目指している。
地元横浜で都市近郊コミュニティ型農園の確立を目指し、旭区の有機農家「えんちゃん農場」で
えんちゃん農場パートナーズとしても活動中。

この記事を書いた人