2020/2/13 「シェアハウスナイト」 〜あなたとわたしのシェアハウス事情〜

ここ数年、ドラマやTVの効果もあって、何百という新しいシェアハウスが増えてきました。ただ、一言で「シェアハウス」と言ってもその種類は、100家あれば100通りの住み方があります。
シェアハウスに「住んだことがない人」や「次の引越し先のシェアハウス」や「これから住んでみたい人」などシェアハウスに興味がある人からすると他のシェアハウス情報をシェア出来る場があればいいのになと思ったことはないでしょうか?
シェアハウスってどんな暮らしができるのか?
どんな住人がそこでは暮らしているの?
どんなコンセプトのハウスがあるの?
など、ざっくばらんにシェアハウスのことを話しあうのはどうでしょうか。
また今回はゲストとして絆家シェアハウス代表の平岡雅史さんをお呼びして
シェアハウスの基本的な情報から様々な視点で「シェアハウス事情」を皆でディスカッションしませんか?

\こんな人に来てもらいたい/

・自分の住むシェアハウスの事話してもいいよって人!
・新しい引っ越し先のシェアハウスを探している。
・シェアハウス生活に興味がある方
・シェアハウスのメリット&デメリットは?
・自分の住んでいるシェアハウスの面白いコンセプト紹介できます!
・実際に経験した、シェアハウス事件簿 解決編!
・ぶっちゃけ!シェアハウス内の恋愛事情って?
・私、シェアハウスに住んで人生変わりました!
などなど

タイムスケジュール

19:15〜19:30 集合開始
19:30〜19:45 イントロダクション・会の説明
19:45〜20:45 ゲストトーク 平岡雅史さん シェアハウス事情のシェアとワーク 
20:45〜21:00 休憩・交流会
21:00〜21:30 質疑応答・曼荼羅トーク
21:30〜22:00 懇親会

■開催概要

【開催日】2020/2/13(木)
【時 間】開場:19:15〜  開始:19:30〜  終了:22:00
【参加費】1500円(ドリンク付き)
【申し込み】https://peatix.com/event/1411974/view
【定 員】30名
【場 所】CAFE SALVADOR BUSINESS SALON(http://cafe-salvador.com/
【住 所】東京都中央区日本橋茅場町1-5-8 東京証券会館1階
【アクセス】茅場町駅8番出口直結
【主 催】株式会社はじまり商店街
【後 援】平和不動産株式会社

ゲストスピーカー

【プロフィール】
平岡雅史
株式会社絆人 オーナー
1982年岐阜県生まれ。シェアハウス歴は13年。大学卒業後、インテリア雑貨メーカーで勤務の傍ら、副業でイベントカフェを立ち上げる。年間100企画、5年間でのべ500企画のイベントを行う中でコミュニティ作りを人生の柱にしようと独立を決める。
2011年3月震災の月にインテリア雑貨メーカーを退職、同年4月より「絆家」ブランドとしてシェアハウス事業をスタートする。
現在は、東京、大阪、千葉、神奈川に11棟300人規模で「第二の家族を作る」をテーマにコンセプトシェアハウスを展開。2019年6月には、柏で千葉県最大規模の100人シェアハウス「#HASH196」をオープンする。自身も多世代多国籍の中での子育てをしたいと、妻と2歳の息子と共に柏のシェアハウスでシェアする暮らしを楽しんでいる。
https://kizunaya-s.com

ファシリテーター

本村俊樹
株式会社はじまり商店街 コミュニティビルダー インターン生
1991年生まれ
北海道千歳市出身
小学校から大学まで12年間野球チームに所属し、プロ野球選手を目指すも
怪我により野球選手としての活動を引退。
これまでの経歴としてはサラリーマンとして化粧品会社、人材会社の営業を終えて、現在はコミュニティのお仕事をしながら多様性の中で生活中。様々な人達と生活をしながらイベントを行っている。イベントを行う目的は人生観、価値観、個人的哲学、その他の学びが「人の繋がりや重なり」から学べることに注目をしている。
現在は千葉県柏市にある「100人規模のシェアハウス」に居住し、様々な世界観や価値観を持つ人々と生活を共にしながらコミュニティについての勉強中。共存社会の「暮らし」の中で課題について考察を繰り返しながら自己のジブンゴトについて今日も学ぶ。

【はじまり商店街】

場所に捉われずに、個人/組織課題を共有する場をデザインするコミュニティビルディングカンパニー「はじまり商店街」。暮らし方・働き方・コミュニティを中心にライフスタイルに関わる企画プロデュース、遊休地の有効利用、まちづくり支援、イベント・ワークショップ、などを主に手がける。
▼はじまり商店街 公式ホームページ
https://hajimari.life/

この記事を書いた人