2020/2/12 最後まで読む自信がない、あなたと集まりたい夜

最後まで読む自信がない、あなたと集まりたい夜

みんなで分担して『1兆ドルコーチ シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え』を読む!!


この本読みたいなぁ…でも一人で読み切るまで頑張れないかも。
と、思った経験はないでしょうか。
もしその本、読む場所を何人かで分担してシェアできたら…。
みんなで読むことで、一気に内容を知れるという素敵な機会です!

今回読む本
『1兆ドルコーチ シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え』
こちらをアクティブ・ブック・ダイアログ(以下ABD)にて共有します。

—————

ABDとは?
京都にあるNPO法人である場とつながりラボHOME’S VIの正会員でもある竹ノ内壮太郎氏によって開発された本の共有手段。後にNPO法人である場とつながりラボHOME’S VIの代表理事である嘉村 賢州氏らの活動によって普及し始めています。

やり方は?
1.本をちぎる(裁断する)
2.参加者に担当ページを割り振る
3.各自、担当ページを読む
4.担当ページをB5用紙で数枚に要約する
5.要約を1人3分程度でリレープレゼンする
6.参加者全員で感想や疑問について対話

メリットは?
1.分厚い本が手軽に読める
2.参加者同士で共通言語が生まれる
3.要約する能力がつく
4.プレゼンの練習ができる
5.インプット/アウトプット/フィードバックが一度に行える

【引用】アクティブ・ブック・ダイアログ(ABD)という新しい本の読み方
https://heart-quake.com/article.php?p=3420

—————

◎こんな人にオススメメ

・『1兆ドルコーチ シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え』
 が読みたいと思っていた方
・本は読みたいと思ってるけど、読書がもともと苦手な方
・アクティブ・ブック・ダイアログを体験してみたい方

◎開催概要

【開催日】2020年2月12日(水)
【【時 間】開始:19:15(開場:19:00)〜 終了:22:00
【参加費】1000円(ソフトドリンク付)
     *アルコールはキャッシュオン制でお楽しみいただけます!
【定 員】15名
【申し込み】https://peatix.com/event/1410131/view
    *チケットサイトpeatixよりお申し込みください
【場 所】CAFE SALVADOR BUSINESS SALON(http://cafe-salvador.com/
【住 所】東京都中央区日本橋茅場町1-5-8 東京証券会館1階
【アクセス】茅場町駅8番出口直結
【主 催】株式会社はじまり商店街
【後 援】平和不動産株式会社
【はじまり商店街】
場所に捉われずに、個人/組織課題を共有する場をデザインするコミュニティビルディングカンパニー「はじまり商店街」。暮らし方・働き方・コミュニティを中心にライフスタイルに関わる企画プロデュース、遊休地の有効利用、まちづくり支援、イベント・ワークショップ、などを主に手がける。

◎スケジュール

19:00 開場
19:15 挨拶 ・趣旨説明
19:20 はじまり商店街について
19:30 みんなと一緒にABD
     各自で読む
20:05  紙にまとめる
20:40 それぞれのパートを発表・共有
21:00 懇親会(人数により時間調整)
21:50 終了(22:00完パケ)

ABDを教えてくれる人 くまがい けんすけ 氏
株式会社はじまり商店街代表取締役
<プロフィール>
1984年 生まれ 神奈川県横浜市出身
2013年 商社で6年間勤務を退社し、自転車で日本一周を実行。移動しながら働くをテーマに2015年 アラスカ→カナダ→アメリカ西海岸→メキシコ 12,000km を1年かけて自転車で走破。 モビリティの生活を送りながら「旅x仕事」を実践する。帰国後はYADOKARI株式会社代表と共にBETTARA STAND 日本橋プロジェクトに参画。現在は株式会社はじまり商店街の代表として「はじまりを、はじめる」をコンセプトに人と人が重なる場を創造する。

ファシリテーター  小野寺真子
株式会社はじまり商店街 
共同代表のお供兼コミュニティビルダー
<プロフィール>
秋田生まれ秋田育ち江東区在住
ジャズダンス専門インストラクター(地域の子供達へダンス指導・舞台振付など含む)として10数年働き、その後ご縁から金融の世界に。現在はお金の守り方や貯め方についての相談にのってます。仕事する中でジブンゴトとして捉えることの難しさや伝えることの難しさも感じているからこそ、何かできないかとはじまり商店街に身をおいています。キッカケは、はじまり商店街に恋をしたこと。溢れる想いを発信し続けた結果、恋実り仲間となりました。偏愛の人w

この記事を書いた人