【イベント延期】2020/4/2 未来コミュニティファイル #01 〜ゆるく変化する、生き物のようなシェアハウス〜

—–
こちらのイベントですが、コロナウイルス対策による移動自粛のため延期とさせていただきます。
楽しみにしていた皆様申し訳ございません。

チケットに関しまして
クレジットカード決済に関しましては、こちらでキャンセルの対応をさせて頂きます。返金とさせて頂きます。
コンビニ払い決済に関しましては、手数料の500円だけ規定に付き、頂くこととなっております。こちらはご了承ください。

イベントに関しましては再度、日程調整の上、開催する見込みです。
また、ご連絡させて頂きます。
よろしくお願いします。
—–

◎「モテアマス」とは?

モテアマスは三軒茶屋にあるシェアハウスであり、三軒茶屋駅から徒歩6分のところに立地しています。商店街から一本入ったところにある建物。外観は、一見すると小屋のようなものとピンクの冷蔵庫に目がいきます。3階建ての建物は1階から3階まで、居住スペースがびっしり。なんと個室は15室+小屋4つ+テント1つ、トイレは5つ+1つも揃っています。リビングは壁一面にアートがあったり、プーさんが吊るされていたりと、飽きない工夫がされています。
2020年1月現在、住人は27人を超えました。どんな人が住んでいるのでしょうか?
モテアマスには、「主任」と呼ばれる人もいるそうです。一度お会いしてみたいですね。

(モテアマス公式HPより)
▼モテアマス公式ホームページ
https://www.moteama.fun/
▼世界観をもっと知りたい方はコチラ
https://community.camp-fire.jp/projects/view/113896

◎こんなヒトに来て欲しい

・今流行っているコミュニティを知りたい
・コミュニティに興味、関心がある
・シェアハウスに興味、関心がある
・丁寧だけど雑な暮らしをしたい
・孤独を越えたい
・知ってたけど、モテアマスを知りたい

今回はオーナーであるカズキタさんだけでなく、実際にモテアマスの住人〇〇をお呼びします。シェアハウスに住む、モテアマスで生活する楽しさや、葛藤の体験を聞きながら、よりリアルな情報を共有していきます
実践者だからこそ見えてくる「コミュニティ」や「シェアハウス」の考え方やノウハウを学ばせていただきながら、共有することで参加者にとっての仕事や暮らしを豊かにするヒントを一緒に見つけていきましょう。
今回のイベントをキッカケに”あなた”の人生における課題解決のヒントが見つかれば嬉しいです。皆様のご参加を心よりお待ちしております!

◎イベント概要

【日時】2020年4月2日(木)19:30~21:45(22:00 完全撤収)
【定員】20名
    *定員に限りがございますので、お早めにお申し込み願います
【参加費】1500円(通常チケット)
【申込方法】https://peatix.com/event/1446334/view
     *peatixチケットサイトが支払い窓口*
【会場】東京都中央区日本橋茅場町1-5-8 東京証券会館1階
    CAFE SALVADOR BUSINESS SALON (http://cafe-salvador.com/)
【アクセス】茅場町駅8番出口直結
【主催】株式会社はじまり商店街
【協力】平和不動産株式会社

◎スケジュール

19:15 開場
19:30 スタート、テーマ、会場説明(司会ファシリテーターより)
19:40 1部「カズキタさん」よりモテアマスのお話
20:10 2部 パネルディスカッション(テーマに沿ってフリーディスッカッション)
20:40 みんなでディスカッション(テーマは当日発表)
21:00 質疑応答
21:15 懇親会
21:45 中締め・完全撤収

◎ 今回のスペシャルゲスト

カズキタさん(高野 一樹)
モテアマス三軒茶屋 主任
<プロフィール>
「人を幸せにする嘘をつき続ける」を目指してあらゆる活動を模索中。ある時はデザイナーとして、あるときはシェアハウス・モテアマス三軒茶屋の主任として、ある時はカズキフェスティバルの主催者として、ある時は白雲楼道中膝栗毛の代表取乱役として、そしてまたある時は酢だこ食い部の部長として、その目標へと真摯に向かっている。

久保薗祐太 さん
モテアマス三軒茶屋 テント住人
<プロフィール>
しっくりくる生き方を作ってます。参考を探して、作ったギアなし自転車で旅をしていました。わかったことは、まずはライスワークを身につけること。そして、小学生の従兄弟にお年玉をあげたい。現在、デザイン・Web制作を学びながらモテアマス三軒茶屋にてテント生活中!
口癖は「僕、ぞのです」

◎CAFE SALVADOR BUSINESS SALON(会場)とは?

日本を支える金融の街、日本橋兜町・茅場町。アイデアの種を持ち、夢に向かうアントレプレナーと、ビジネスの芽を見出し、育んでゆくインベスターが生きる街。スペイン語とポルトガル語で“救世主”を意味するSALVADOR。今を生きる救世主たちが、この場所を介して出会い、語り合い、共に鮮やかな絵を描いていく。未来は、1杯のコーヒーから生まれる。
▼CAFE SALVADOR BUSINESS SALON公式ホームページ
http://cafe-salvador.com

◎はじまり商店街(主催)とは?

場所に捉われずに、個人/組織課題を共有する場をデザインするコミュニティビルディングカンパニー「はじまり商店街」。暮らし方・働き方・コミュニティを中心にライフスタイルに関わる企画プロデュース、遊休地の有効利用、まちづくり支援、イベント・ワークショップ、などを主に手がける。

▼はじまり商店街 公式ホームページ
https://hajimari.life/
▼はじまり商店街facebookページ
https://www.facebook.com/hajimari.shoutengai/

この記事を書いた人