2020/3/18 遊びのチカラ ~遊びが教えてくれる新しい子どもの可能性〜

今回のイベントテーマは「子どもの遊び」について。現代の子育てにおいて、知識をつける教育と並んで、「遊びが大事」といわれることが多くなってきました。そんな中、実際にどのように遊ばせればいいのかは多くの親御さんの課題になっているのではないでしょうか。今回は有楽町にある新しい形の室内遊び場「KOKO」の運営者と利用者の方々をゲストとしてお迎えし、子供の遊びにどんな課題があり、解決方法が考えられるのか、また「KOKO」ではどのような遊びに関する試みが行われているかをお話し、皆さんとディスカッションしたいと思います。
【KOKOホームページ】https://koko-net.jp/

◎こんな人におすすめ

・現在子育て中の方
・子どもの教育や遊び場づくりに興味がある方
・場の活用方法に興味がある方

◎タイムスケジュール

19:30〜19:40 イントロダクション・はじまり商店街の説明、今回のテーマの選定について
19:40〜20:10 株式会社ココ 井出哲平さんより、子供の遊びについての課題と有楽町「KOKO」の取組みについて 
20:10〜20:40 KOKO利用者 共働き2児のパパママよりKOKOを通じて感じた子供の成長について
20:40〜20:50 休憩
20:50〜21:20 トークセッション・質疑応答
       グループに分かれて子供の遊びに関するディスカッション
21:20〜22:00 懇親会

◎開催概要

【開催日】2020年3月18日(水)
【時 間】開場:19:15〜  開始:19:30〜  終了:22:00
【参加費】1000円(ドリンク付き)/¥500 動画ライブチケット
【定 員】40名 ※お子さん同伴での参加もOKです
【申し込み】https://peatix.com/event/1430441/view
【場 所】CAFE SALVADOR BUSINESS SALON(http://cafe-salvador.com/
【住 所】東京都中央区日本橋茅場町1-5-8 東京証券会館1階
【アクセス】茅場町駅8番出口直結
【主 催】株式会社ココ、株式会社はじまり商店街

◎ゲストスピーカー

株式会社ココ 代表取締役 井出哲平
1980年生まれ 愛媛県今治市出身
大学卒業後大好きな北欧遊学を経て、地元の輸入建材商社にへ入社。
その後、創業100年を超える公園遊具メーカーの株式会社コトブキにて、パブリックスペースのためのサイン事業部に従事。
社内の新規事業としてスタートしたKOKO事業に参加し、事業の子会社化に伴い代表に就任。
「子どもたちが遊びを通じて多様な力を育む場を提供する」そして「子育てに悩む保護者の手助けになる」を理念に子どもの屋内遊び場KOKO を運営。
自身も一児の父親として悩み、楽しみながら子育てに奮闘中。

◎ファシリテーター

ユキーラ(Yuqui-lah/本間由紀子)
株式会社はじまり商店街 コミュニティビルダー
東京生まれ、横浜育ち。2002年より東京都台東区在住。
学生時代に学んだ交通まちづくり、コミュニティづくりの経験を生かし、 
2011-18年、まちの移動を活性化させる小型電気自動車シェアリング実証実験の企画リーダーを担当。 
一方、作詞・作曲家、ラテンシンガーYuqui-lah(ユキーラ)としての活動や、大阪の民謡「河内音頭」の音頭取り 「五月家一蘭」として大阪の盆踊りでの活動を行うなど、マルチキャリア、複数拠点居住を実践。子供たちとのコーラス、音楽ワークショップなどの活動を通じ、創造性を育む活動も行う。
はじまり商店街においては、まちづくり、場づくり、旅などをテーマに様々なイベントを実施中。

【はじまり商店街】
場所に捉われずに、個人/組織課題を共有する場をデザインするコミュニティビルディングカンパニー「はじまり商店街」。暮らし方・働き方・コミュニティを中心にライフスタイルに関わる企画プロデュース、遊休地の有効利用、まちづくり支援、イベント・ワークショップ、などを主に手がける。

▼はじまり商店街 公式ホームページ
https://hajimari.life/
▼はじまり商店街facebookページ
https://www.facebook.com/hajimari.shoutengai/

この記事を書いた人