2019/1/22 これからの人生に必要な夫婦パートナーシップの在り方を考える会 〜新しい家族のカタチや夫婦にとって大切なものとは〜

1/22(火)
男性は仕事、女性は主婦という時代は既になくなり、働き方や価値観の多様性によってさらに新しい価値観や多様性が生まれてきた今、これからの人生に必要なパートナーシップや夫婦、家族のあり方を考えたいです。

夫が仕事に追われていて、なかなか妻との話し合う時間がとれないので、夫婦の時間をオープンしようと思いました。夫婦経営に悩む人たちやこれから結婚する人たちとの交流を通して、新しく夫婦や家族のあり方を発信したい、どんな世界観を作っていきたいか?聞いて行こうと思います。

イベントでは、皆さんの話を双方向で聞きながら、家族の本質とはナニカといったことにも触れていきたいと思います。

対象者(こんな方におすすめ)
・夫婦経営に悩んでる。
・これから結婚する人またはしたい方
・新しい家族の形を模索している方
・パートナーシップを考えている方
・夫婦で面白いことに取り組みたい方

当日の流れ
・チェックイン(自己紹介)
・テーマを設けて、グループワーク
例)パートナーシップに必要なマイルール
例)これからの必要な家族の形とは
・チェックアウト

開催概要
開催日 2019年1月22日(火)
時 間 開場:19:15~ 開始:19:30~ 終了:22:00
参加費 1000円(*当日現金払い)
持ち物 なし
お申し込み https://peatix.com/event/593037/view
定 員 10名
場 所 Tinys Yokohama Hinodecho
アクセス 京急線「日ノ出町」徒歩3分、京浜東北線「桜木町」徒歩12分

五月女 郁弥
1988年茨城県生まれ。
現在都心のまちづくり会社に所属。大学では環境問題を学んでいたが、都市養蜂の出会いをきっかけにまちづくりやコミュニティ、働き方、暮らし方など様々なプロジェクトに飛び込む。シェアハウスで出会った妻とは2018年4月に結婚。仕事が忙しく夫婦間コミュニケーションが上手くいかないことは夫婦愛が足りないだけでなく、夫婦コミュニティやパートナーシップが必要なことを理解する。夫婦間での対話を増やしたり、イベント企画をしたり、夫婦のアウトプットをトライアンドエラーで実践中。

五月女 彩佳
1989年岩手県生まれ。
バンタンデザイン研究所卒業後、アパレルメーカー勤務を経てフリーランス衣装デザイナーとして独立。アーティストや写真家に向け独自性のある作品を制作する。 社会での生きづらさの正体は、個々のもつ思い込みや人間心理からくる精神・お金・性への考え方で、これらは学校では教えてくれないことばかりであると同時に幸福感や自己肯定感に影響力の強いものだと気づく。 自身の感覚を言語化することや語彙を増やすために文章を読んだり、パートナーとの語り合う習慣を作ってコミュニケーション面と自分自身を知ることの内外からアプローチすることを実践している。

この記事を書いた人