2019/10/6 「美しい」のワケ 〜art?美術?から見た日本と西洋の違い〜

  • -
    コピー

「美しい」のワケ
〜art?美術?から見た日本と西洋の違い〜

何かの作品を目にしたとき、あなたはどんな表現で伝えますか?
『美しい』この表現は使う方も多いと思います。
ではそれは、どう美しいのですか?なぜ美しいのですか?
日本のそれは、とても綺麗に形が整っている、
主に見た目のもので表現していることが多いと思います。

西洋のそれは、そのものから見える歴史や作られたものの過程、
ストーリーまでをみて表現している、見た目だけではなかったりします。
artとの距離感も、日本と西洋では違うと感じます。
例えば西洋の国の中では、美術館は無料で行けて、時間制限もなく教科書に載ってるような作品が観られる日常があるところも存在します。
日本ではどうでしょうか…美術館がないわけではないですが、特別でわざわざ観に行き、それが日常ではなく非日常であることも楽しむイメージです。
この違いに対して、良いとか悪いではなく、今一度、artというものをテーマにして話してみたいと思いました。

芸術大学院大学に在学中のゲストと久しぶりに会った私は、こんな話をワクワクしながらしていました。artに全く無縁でしたが、彼女の表現に対する的確な言語化にも感動。
哲学的な面もartに感じられ、思いが掻き立てられてしまい…
『美しい』→真摯に疑う→よく考えるという図式がみえ、イベントにしました。
ゲストのタマミさんが、現在展示中の作品もまた興味深い。
作家・住人・観客が一緒に作り上げる「温泉+故郷+アート」の祭典
https://nakanojo-biennale.com/ 中之条ビエンナーレ
テーマを通して、タマミさんの作品のストーリーや、
今月はベネチアの芸術祭も観て来るそうなので、そのお話も聞けたらと思っています!

◎こんなヒトに来て欲しい
・artってそもそもなんなの?って人
・全然分かんないけど、自分なりにartを感じたい人
・artに興味はあったけど、なんか敷居高そうで一歩踏み込めてなかった人
・artで地域と関わることに興味がある人
・表現をする、ということに興味がある人

◎イベント概要
【日程】2019年 10月6日(日)
【日時】開場 14:15〜 スタート~14:30 終了16:30
【定員】15名
【参加費】1,500円(ワンドリンク付※ソフトドリンク)
【申込方法】https://peatix.com/event/1326310/view
     *peatixチケットサイトが支払い窓口*
【会場】東京都港区西新橋2丁目18−7a
新虎小屋
https://g-c-p.jp/service/shintorakoya/
【アクセス】 東京メトロ銀座線「虎ノ門」徒歩6分, JR新橋駅徒歩12分
【主催】新虎小屋×はじまり商店街

◎スケジュール
14:15 開場
14:30 はじまり商店街・会場の紹介
14:40 ゲスト自己紹介
14:50 ベネチア報告&作品紹介(質問受けつつ)
15:20 休憩
15:25 参加者とゲストで曼荼羅トーク
16:00 懇親会
16:30 終わり 

◎ゲスト

          
ミズタニ タマミTamami Mizutani

<プロフィール>
2019年 4月 IAMAS情報科学芸術大学院大学 在学中
2018年 6月 ロンドン芸術大学セントラルセントマーチンズ校 
       ファインアート学部卒業
2004年 3月 慶應義塾大学文学部人文社会学科人間科学専攻中退
2018年 7月 Anomalous Forms 於Crypt Gallery、ロンドン
2018年 1月 テートエクスチェンジ 於テートモダン、ロンドン
2017年 5月 レジデンシー参加、及びグループ展示 於Gasworks、ロンドン
2017年 3月 I miss you until you were hereアーティストトーク 於White Conduit Projects、ロンドン
2017年 2月 I miss you until you were here、 於White Conduit Projects、ロンドン2017年 1月 オリンパスUALフォトグラフィーアワードノミネート、於Art Bermondsey Project Space

◎ファシリテーター

小野寺 真子

株式会社はじまり商店街 
コミュニティビルダー
<プロフィール>
秋田生まれ秋田育ち江東区在住
ジャズダンス専門インストラクター(地域の子供達へダンス指導・舞台振付など含む)として10年以上働き、間にゴルフ業界を挟み、その後ご縁から金融の世界に。現在はお金の守り方や貯め方についての相談にのっています。資産形成の自助努力を伝えて来ました。
ジブンゴトにならない現実も目の当たりにしてきた中で、今だから伝えられえることもあると考えています。その活動の1つとして、はじまり商店街に身をおいております。
はじまり商店街とは、ファンが高じて、溢れる好きを発信し続けた結果、イマココ♡
ゲストとは大学時代にダンスで同じ団体に所属し、師匠の元で内弟子や自主公演などを行っていた仲間であります。

◎新虎小屋 とは?
<プロフィール>
2018年6月1日オープンしたコミュニティスペース。観光案内所としての機能「新虎GUIDE」、ランチでカレーや地域の飲食店とコラボレーションした特別メニューなどを展開する「小屋めし」、地元の方々にみんなに読んでほしい本を持ち寄っていただく「とらの本」の3つのコンテンツを展開。港区や虎ノ門周辺の地域の皆さんやこれからご活用いただく皆さんと一緒に新虎通りに新しい“コト”を発信する場として、定期的にイベントを開催していきます。

▼新虎小屋の公式ホームページ
https://g-c-p.jp/service/shintorakoya/

◎はじまり商店街とは

株式会社はじまり商店街
<プロフィール>
「場所に捉われずに、個人/組織課題を共有する場をデザインするコミュニティビルディングカンパニー「はじまり商店街」。暮らし方・働き方・コミュニティを中心にライフスタイルに関わる企画プロデュース、遊休地の有効利用、まちづくり支援、イベント・ワークショップ、などを主に手がける。」

▼はじまり商店街公式フェイスブックページ
https://www.facebook.com/hajimari.shoutengai

この記事を書いた人

俊樹本村