2020/8/4 【無料・オンライン】あだちクラフトマンヒーローズ #03 北綾瀬編 本から始まる、ご近所づきあい 〜本でつながるシェア団地「読む団地」とは?〜

今回のイベントでお届けするのは「あだちクラフトマンヒーローズ」シリーズ。

足立区や近隣の地域で活動をしているクラフトマン(職人・ローカルヒーロー)の方をお呼びして本業や、街についての話をしていただきながら、みなさんと一緒に街の未来を考えていきたいと思っています。

今回のイベントでお呼びするのは、2020年3月に北綾瀬に誕生した築43年のレトロ団地の一画を活用したリノベーションシェアハウス「読む団地」を企画・運営するJS日本総合住生活株式会社の石垣さんと、実際に「読む団地」で暮らす小林さん。”本から始まる、ご近所づきあい”というコンセプトのもと、たくさんの本に囲まれて暮らしたい、趣味の仲間とつながりたい、 様々な本好きの願いを叶えるシェアハウスを暮らしやすい団地のなかに作りました。

実践者だからこそ見えてくる「暮らしに密着したコミュニティづくり」「団地の可能性」「街(足立区)のこと、そして未来」の考え方を学びながら、仕事や暮らしのヒントを一緒に見つけていきましょう。
今回のイベントをキッカケに”あなた”の人生における課題解決のヒントが見つかれば嬉しいです。皆様のご参加を心よりお待ちしております!

◎読む団地とは?

足立区大谷田に立地する築43年の若者向リノベーションシェアハウス。リビングで本の世界に浸ったり、おすすめの一冊を紹介しあったり、物語に出てくる料理をみんなで一緒に作ったり、芝生の読書をきっかけにまちの人と交流したり。様々な本からゆるやかにつながっていく団地のなかのシェアハウスです。広々としたコミュニティスペースやキッチン、玄関、団地のベンチや芝生など、あらゆる場所で本を起点に会話が生まれ、あなたの日々を豊かにします。本でつながる、シェア団地。

▼読む団地サイト
https://yomu-danchi.com/

▼参考記事
https://www.tokyo-np.co.jp/article/39520
https://book.asahi.com/article/13485796

◎こんなヒトに参加して欲しい

・団地の活用に興味がある
・ハード面・ソフト面それぞれのアイデアが知りたい
・場作りについて知りたい
・街づくりにおける関係性作りに興味がある
・これからの足立区エリアに興味・関心がある
などなど

◎イベント概要

【日 時】2020年8月4日(火)
【時 間】配信URLを送ります:19:45〜 開始:20:00〜 終了予定:21:30
【参加費】無料(動画ライブチケット)
※遠方からもご参加可能、LIVE動画視聴あります
※遠方で会場に行けない、イベントに参加したくてもできないお客様のご要望に答えるべく「ライブ動画視聴」環境をご準備させて頂きました。インターネット接続環境があるパソコン・スマートフォンにて日本全国・世界中から視聴が可能です。動画配信は容量が大きいため回線速度の早いwifi・LAN環境での視聴をオススメ致します。peatixよりLIVE動画視聴のお申込みを頂きますと、イベント開始時間の15分前に、動画視聴用のURLをメッセージにてお知らせさせて頂きます。
【申込方法】https://peatix.com/event/1571254/view
     *peatixチケットサイトが受付窓口*
【主催】いろどりの杜
【協力】はじまり商店街

◎スケジュール

19:45 オンラインのURLを送らせて頂きます。
20:00 スタート、テーマ説明(ファシリテーターより)
20:10 1部 石垣さんより「読む団地」について
20:30 2部 パネルディスカッション(テーマに沿ってフリーディスッカッション)
20:50 みんなでディスカッション(テーマは当日発表)
21:10 質疑応答
21:30 終了

◎ゲスト

石垣 曜子
JS日本総合住生活株式会社
<プロフィール>
北海道札幌市出身
1999年北海道大学工学部建築工学科を卒業後、住宅都市整備公団(現・UR都市再生機構)に入社。自治体の将来ビジョンづくりや再開発、防災建替え、道路を活用した賑わい社会実験など主に都内をフィールドに様々なまちづくりに携わる。2019年よりJS日本総合住生活に出向。様々な世代が生き生きと暮らしつづけられる住まい、団地の魅力向上を目指し、「読む団地」のコンセプト企画、ディレクションを担当。読みかけの本がたまっていくのが最近の悩みだが、珈琲片手に本をパラパラめくる時間そのものが好き。

小林 慎
「読む団地」住民
<プロフィール>
大阪府豊中市出身
2018年近畿大学建築学部卒業後、JS日本総合住生活に入社。普段の仕事は住宅リニューアル事業に携わり団地の住戸内改修工事の施工管理を行なっている。
就職を期に上京し一人暮らしを経験した為、人々の結びつき、地域内交流やシェアハウスに興味があり「読む団地」の社内ワーキングメンバーに志願。現在「読む団地」に入居中。料理は食べるのも作るのも大好きで、「読む団地」では料理本片手にキッチンに現れる。

◎ファシリテーター

つじ まりな
いろどりの杜住民
<プロフィール>
東京暮らし11年目・あだち暮らし1年目。2019年4月から東京と地元・山梨の里帰り二拠点生活を開始。地元で過ごす時間が増えるほど、暮らしに密着した人と人のつながり、地域へ拡張する家族のあり方を再認識し、幼少期に感じていた「閉塞感」に実は「暮らしの豊かさ」のヒントが隠れていると感じるように。その反面、東京での暮らしが無機質でモノクロに感じている時に、築56年の団地をフルリノベーションした「いろどりの杜」に出会う。引越して4ヶ月、団地仲間と一緒にDIYや庭BBQ、ランニング、近隣情報のシェアなど、それぞれの暮らしや個性が団地に広がり、いろどりある日々を過ごす。住民のものづくり精神に感化され、最近はクラフトコーラに挑戦中。

◎いろどりの杜とは?

足立区東綾瀬に立地する築56年のリノベーション賃貸団地。はじまり商店街がコミュニティビルディングを担い、2020年2月にオープン。“作る暮らしを、育てる団地”をコンセプトに、DIYが可能な専有部の他、広大な庭ではBBQが楽しめ、シェア菜園やプロの大工がレクチャーしてくれるシェア工房も整備されている。ここでは私たちのいろとりどりな“作る”が団地を育て、変わり続ける団地が街に変化を起こす。“DIY~Danchi is yourself~”いろどりに、愉しむ暮らしが、ここにある。

◎はじまり商店街とは?

場所に捉われずに、個人/組織課題を共有する場をデザインするコミュニティビルディングカンパニー「はじまり商店街」。暮らし方・働き方・コミュニティを中心にライフスタイルに関わる企画プロデュース、遊休地の有効利用、まちづくり支援、イベント・ワークショップ、などを主に手がける。
▼はじまり商店街 公式ホームページ
https://hajimari.life/
▼はじまり商店街facebookページ
https://www.facebook.com/hajimari.shoutengai/

この記事を書いた人