2020/5/14 【無料・オンライン】人と繋がる暮らしの交流会〜どんなコミュニティに関わりたい?〜

どんなコミュニティに所属しよう?今考えている人が多いのではないでしょうか??
今回は「どんなコミュニティに関わりたいか?」に焦点を当て、「人と繋がる暮らしのサービス-niclass-」をこれから展開する藤さんに一緒オンラインワークショップを開催します。

【niclassとは?】————————————–

「人と繋がって、心地いい居場所をひろげよう」
日常をそのままに、本当に暮らしたい場所で暮らし、人とつながり、自分の「居場所」を増やしていく、新しい形のコミュニティ賃貸居住サービスです。自分が人を想って動く面白さを感じられる場所。それが「居場所」なのかなと思います。

そしてそれはありのままの自分、個が集まってそれぞれの特徴がふれあって新しいものを生み出される場でもあります。
niclassは、日々の暮らしの中で人と繋がり、多様性の中で自分の在り方を考え「居場所」を増やしていく、そのための「暮らし」を前提とした安心できる環境と、暮らしが広がるしくみを提供し、次の世代に繋がる新しいものが生み出される場を共創していきたいと考えています。

—————————————————————————————————————————————

都心にいながら故郷や学生時代を過ごした街、旅行で一目惚れした大好きな街、いつか住んでみたい街に関わること。また、働き方だけじゃなく、地域と関わりを持ちたい人も多くなって来ていると感じます。

今後の暮らし方や働き方を考慮すると、自分に合った地域の暮らしや、地域も使ってのビジネス展開や、暮らしも豊かにする働き方の1つの選択肢として増えていくと思います。

お気軽なご参加をお待ちしています。

◎概要
【開催日】2020/5/14(木)
【時 間】開始:20:00〜 終了:21:30 *開始10分前に配信のURLを送らせて頂きます。
【参加費】無料(当日はzoomのURLを送らせていただきます。)
【申 込】 https://hajimari-kijiya.peatix.com/
【会場】オンライン(インターネットのある環境からご参加ください。)
【主 催】株式会社はじまり商店街
【協 力】株式会社kijiya

【はじまり商店街】
場所に捉われずに、個人/組織課題を共有する場をデザインするコミュニティビルディングカンパニー「はじまり商店街」。暮らし方・働き方・コミュニティを中心にライフスタイルに関わる企画プロデュース、遊休地の有効利用、まちづくり支援、イベント・ワークショップ、などを主に手がける。

◎ゲスト

藤舞衣子
株式会社kijiya 共同代表取締役

【プロフィール】

三重県伊勢市生まれ。台湾で育ち台湾大好き。

いろいろな場所で暮らす中で、多様な価値観に触れられることがおもしろいと感じるように。大学卒業後はずっと東京で働く中で、もっと自分の好きな場所で好きなように働く暮らしがしたいと思い、リモートワーカーになるとともに「人とつながり居場所を広げる」サービスniclassを立ち上げる。

【kijiyaの想い】

「人とつながり自分を生きる」
ずっと未来の子どもたちに繋がる社会のために
人とつながりながら自分の在り方を考えること
多様性を認め合いながら、自分ごととして貢献していくこと
それが持続可能で豊かな社会に繋がっていくと考えます
kijiya は、そんな持続性のある未来を共に生みだしていくために
人がつながり多様性が生まれる暮らしの「きじ(木地・生地)」となる素地部分を提供します
そして「人とつながり自分を生きる」暮らしの「きじ」を創るべく、
kijiya はアクションを起こし続けていきます

◎ファシリテーター

柴田 大輔
株式会社はじまり商店街 共同代表取締役/コミュニティビルダー

【プロフィール】

1988年生まれ秋田県出身秋田市。
神奈川県鎌倉市在住。
東京で家具メーカーで働くも、暮らしの違和感を感じ、鎌倉に移住。
鎌倉を拠点にシェアハウスやゲストハウスの運営していた。
他にもカフェ・バル・家具屋に関わりながら、街のコミュニティづくりに参画。
2017年4月 BETTARA STAND日本橋(YADOKARI株式会社が運営)のプロジェクトに参画。主にイベントの企画・運営を担当し、年間に212本のイベントを回す。
2018年8月 株式会社はじまり商店街 設立 
まちづくり・場の賑わいづくり・コミュニティ支援などのイベント企画・運営・広報を担当。他にも大手企業の社員研修やまちづくりの講師も担当している。
2019年のイベント本数は延べ358本。都内の拠点10ヶ所を中心に多様な賑わい作りを展開している。
2020年は浅草で「ニュータマリバ」という拠点やコワーキングの運営や団地の運営などに携わる予定。

この記事を書いた人