2019/6/18 西馬音内盆踊りと出会う夜ー東東京からつながる秋田県羽後町ー

西馬音内盆踊りと出会う夜
ー東東京からつながる秋田県羽後町ー

まずはじめに

◎『西馬音内盆踊り』とは?

(秋田県雄勝郡羽後町西馬音内にて、毎年8/16-18に開催される日本三大盆踊りの1つ)
「妖艶、しなやか、幻想的…」
踊った姿をみて、こんな風に表現されたりしてします。おそらく想像する、一般的な盆踊りのイメージとは違いませんか?
彦三頭巾に手絞り藍染めの変化に富んだ個性的な浴衣、編み笠に艶やかな端縫いの衣装。
夜も更け、篝火のもと浮かび上がるその姿。
顔を隠しているので、誰が踊っているのかわかりません。これは「亡者」の姿を表していると考えられます(西馬音内盆踊りの別名は「亡者踊」)。こうすることによって「お盆に戻ってきた精霊に、いっしょに踊って楽しんでもらう」という盆踊りの目的を、かたちにして表しているのだそうです。750年以上継承されてきているという盆踊り…。
東京のど真ん中で体験してみませんか?

◎スペシャルゲスト

今回お呼びしているのは、地元秋田、羽後町を通して、
継続的に『ソトとナカをつなぐ』ことをしているお二人☆
田舎は出てきたけど繋がってたい、田舎はないけどそんな居場所がほしい、
そんな人も多いはず。
実際、移住するのではなくソト(都内)からナカ(地元)を盛り上げているお二人のお話を聞きながら、
これから地域と繋がりたい、関わりたい方にもヒントになればと思っています。

◎こんな人に来てほしい

・西馬音内盆踊りに興味がある人
・西馬音内盆踊りを観に行きたいと思ってる人
・秋田や羽後町に興味がある人
・秋田も羽後町もあまり知らないけど、これから知りたいなと思ってる人
・地域と繋がりたい人
・地域に居場所をつくりたい人

◎開催概要

【開催日】2019年6月18日(火)
【時 間】開始:19:30(開場:19:15)〜 終了:21:30
【場所】いいオフィス日本橋 
【参加費】1000円(ワンドリンク付き)
【定員】20名
【申し込み】こちらのチケットサイトpeatixよりチケットをご購入ください
【住 所】東京都中央区日本橋蛎殻町1-28-4 岩崎ビル5F(入口4F)
【アクセス】東京メトロ半蔵門線「水天宮」徒歩3分、東京メトロ日比谷線「人形町」徒歩7分
【主催】FUKUMITOYA × 株式会社はじまり商店

【FUKUMITOYA】
日本橋エリアの変遷は目をみはるものがあります。
昔の町並みは姿を変え、オフィス中心の中に歴史を感じる新たなステージに入りました。
しかし、地域の人・物・金・情報の流れは必ずしも時代に追いついているとは言えません。
古きを残し、新しい波を取り入れる。日本橋エリアの人・物・情報の流れを変えます。
FukumitoyaはITを小粋に活用し、21世紀の江戸、日本橋を盛り上げることに貢献していきます。

【はじまり商店街】
場所に捉われずに、個人/組織課題を共有する場をデザインするコミュニティビルディングカンパニー「はじまり商店街」。暮らし方・働き方・コミュニティを中心にライフスタイルに関わる企画プロデュース、遊休地の有効利用、まちづくり支援、イベント・ワークショップ、などを主に手がける。

◎スケジュール

19:30~19:40 はじまり商店街とは? 
19:40~20:20 西馬音内盆踊りの魅力について
       秋田羽後町の魅力について(U GO HOME PROJECT)
       吉田幸子さん、鈴木孝英さん 
20:20~21:00 盆踊り体験
21:00〜21:10 感想シェア
21:10〜    懇親会へ

◎ゲスト 

吉田幸子(西馬音内盆踊り指導)

西馬音内生まれ西馬音内育ち都内在住

都内数か所で踊り子の会の指導を20年以上し続けており、

毎年西馬音内盆踊り本番も参加することを目標に生徒さんとお稽古に励んでいます。

踊り手としても全国のイベントに数多く出演中です。

鈴木孝英

東京生まれ秋田育ち都内在住

新聞社で働く傍ら、故郷の秋田や地方を外から盛り上げる

『U GO HOME PROJECT』を展開しています。

人に役割と居場所を設け、しなやかで楽しい環境社会を作りたいと思っています。

ファシリテーター 小野寺真子
株式会社はじまり商店街 アシスタントコミュニティビルダー
秋田生まれ秋田育ち江東区在住
ジャズダンス専門インストラクター(地域の子供達へダンス指導・舞台振付など含む)として10年働き、その後ご縁から金融の世界に。現在はお金の守り方や貯め方についての相談にのってます。
その傍らはじまり商店街に恋をし、溢れる想いを発信し続けた結果、恋実り仲間となって活動中。

この記事を書いた人