【イベントレポート】はじまり図書室presents はじまり商店街×コミュつく『これからの本の届けかた』番外編 ~PRしてたら、著者がゲストに来てくれた!~

(グラレコ by タカタユナ)

はじまり図書室シリーズ
前回のイベント↓
はじまり図書室vol.1 これからの本の届けかた【実践編】
~手元に届くまでの物語をつくってみる~
https://peatix.com/event/1519326/view

こちらで、Peatix Japanの共同創業者/取締役 CMO (最高マーケティング責任者)藤田祐司さん、コミュニティアクセレーター河原あずさんが共著された本
”ファンをはぐくみ事業を成長させる 「コミュニティ」づくりの教科書”
https://www.amazon.co.jp/dp/4478110549
を参加者の方と、どう売ったらいいか?カフェ&コワーキングスペースでどうプロモーションするか?をテーマにブレストするイベントを開催。

急遽、著者であるお二人が来てくださったのは以前レポートにも載せておりましたが…その流れから今回のイベントが実現することになりました。

改めて正式にゲストとして、藤田祐司さん、河原あずさんを迎え、はじまり商店街の共同代表くまがいけんすけと3人で、”ファンをはぐくみ事業を成長させる 「コミュニティ」づくりの教科書”をテーマに語っていただきました!

語ったキーワードはこの3つ。
・仲間の巻き込み方の事例
・自粛機関で感じた繋がりの重要性
・自分なりのコミュニティ思考

仕掛けるプロデューサー的目線、会社経営としてのマネージャー目線、個人や家族などプライベートからの目線、いろんな角度からこのキーワードをお話してくださいました。

コミュニティアクセラレーターである、あずさんは実は人見知り?!という話題が出たことで「コミュニティ」に向いているポイントが知れたり…この本がコミュニティ思考というタイトルになるかもしれなかったという裏話も聞けたり…自粛明け、久しぶりにリアルで会った著者お二人のエピソードなども聞けました。

その他「五感」の話が盛り上がり、お野菜を育てる話・お料理をする話・竹を切った話に至るまでおもしろ脱線があったり…くまがいのしたドラえもん・藤子・F・不二雄先生の話から、藤田さんがスター・ウォーズのファン歴20年ということも知れたりと、ゲストの色んな面も見えた機会にもなったかと思います。

途中自由に脱線もしてるようで、実はテーマは逃さず遊ぶようにお話するゲストの皆さんは、まるで少年のような顔も持つ魅力的な方たち。
皆さんにファンがいたり、一緒にお仕事や面白いことをしたいとお声がかかるのがとてもわかる時間だったと思います。

このイベントを機会に、次のプロジェクトに向けて、このチームで何やら企てておりました…また楽しい報告ができればと思います。

※はじまり図書室とは…”本と人とを繋ぐ場所“。
CAFESALVADORBusinessSalonからはじまる、本と人の出会いが生まれる本棚を作っていきます。

イベントの様子を見ていない方はこちらでアーカイブがご覧いただけます↓
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=3617522424942778&id=579917779070144

この記事を書いた人