2020/3/24 学生時代、バイトなにしてた? ~あの頃の共有をしたら、今と違う「働く」のカタチがみえるかも~

学生時代、どんなアルバイトをしていましたか?していますか?
やってみて、自分の得意・不得意がわかったり、人との関わりや上下関係などなど…。
就職する前に、身近で感じられる社会経験なのかなと思います。
つい先日、はじまり商店街のコミュニティビルダーの何人かで、昔していた学生時代のアルバイトについてお話しました。
会社員ではない感覚で、良い意味で力が抜けていたことで楽しめていたこと。
やれそうかなと思って始めたけど、できなかったという小さな挫折を経験したこと。

学生時代にはあったやわらかい発想、会社員だから忘れてしまったであろう感覚。
もちろん、責任ある立場や雇用など抱えているものも増えてきた中で、変えなければならなかったものもあると思います。
もしかしたら、今わからないと思うその目の前の一緒に働いている人は、昔のあなたかもしれない。そう思ったら、少しなにかヒントもみつかる気がしています。
そんな今だからこそ、働くいうことを今までの経験から色んな視点で捉えて話してみませんか?

◎こんな人に来て欲しい。

・昔のアルバイト時代の話をしたい人
・今している仕事でモヤっとしてることがある人
・会社以外の人とお話をしてみたい人
・経験してみてほしいと思うアルバイトを紹介してくれる人
・働くということについてちょっと考えてみたい人

◎開催概要

【開催日】2020/ 3/24(火)
【時 間】開始:19:30〜 終了:21:50(22:00完全撤収)
【参加費】¥1000
【申し込み】https://peatix.com/event/1443831/view
【定 員】15名
【場 所】 CAFE SALVADOR BUSINESS SALON
【住 所】東京都中央区日本橋茅場町1-5-8 東京証券会館1階
【アクセス】茅場町駅8番出口直結
【主 催】はじまり商店街
【後 援】平和不動産株式会社

◎スケジュール

19:15 開場
19:30 スタート・アイスブレイク
19:45 イベントの主旨説明
20:00 それぞれしてきたバイトの話(グループでシェア)
   →みんなにシェア
20:30 今のお仕事と共通すること・しないこととか話してみたり…
   →活きていることはある?活かされてない?
21:00 話してみての気付きシェア
21:30 懇親会 
22:00 完全撤収

◎ファシリテーター

湯浅 章太郎(ゆあさ しょうたろう)
学生時代のアルバイト:動物広場のおにいさん、中華料理屋のホール、引っ越し業者
Localist Tokyo共同代表。東京で働く人たちが「地域の仕事」を考えるコミュニティの必要性を強く感じ、2018年6月にLocalist Tokyoを立ち上げる。地域と東京の”人”をつなぐイベントやツアーを実施し、現在280人以上がメンバー登録。
▼Localist Tokyo
https://www.facebook.com/Localist-Tokyo-281102505809573/
2018年度までLO活プロジェクト(厚生労働省委託 地方人材還流促進事業)でセミナーやイベントの企画運営を担当。就活生を中心に、年間約3,000人に地方就職の支援や情報提供を行う。現在はフリーランスとなり、「地域と東京をつなぐメガネ」という肩書きで活動中。また、長野県塩尻市と東京で二拠点生活にも挑戦中。

小野寺 真子 (おのでらまこ)
学生時代のアルバイト:ファミレスホール、テレアポ、絵画モデル、パン屋さんレジ
株式会社はじまり商店街 共同代表のお供兼コミュニティビルダー
秋田生まれ秋田育ち江東区在住
ジャズダンス専門インストラクター(地域の子供達へダンス指導・舞台振付など含む)として10年以上働き、その後ご縁から金融の世界に。現在はお金の守り方や貯め方についての相談にのっています。資産形成について、自助努力を伝えて来ました。ジブンゴトにならない現実も目の当たりにしてきた中で、今だから伝えられえることもあると考えています。
その活動の1つとして、はじまり商店街に身をおいております。
はじまり商店街とは、ファンが高じて、溢れる好きを発信し続けた結果、一緒にお仕事するようになって1年になりました。

◎株式会社はじまり商店街

<プロフィール>
「場所に捉われずに、個人/組織課題を共有する場をデザインするコミュニティビルディングカンパニー「はじまり商店街」。暮らし方・働き方・コミュニティを中心にライフスタイルに関わる企画プロデュース、遊休地の有効利用、まちづくり支援、イベント・ワークョップ、などを主に手がける。」

この記事を書いた人